学会設立の趣旨


 湯川秀樹先生が中間子論の提唱によりノーベル賞を受賞されたことから、電子と陽子の中間の質量を持つ粒子「中間子」は、日本において馴染みの深い素粒子です。実験研究の分野では、カナダ、米国、スイスにおいてミュオン、パイオンを大量に発生させる中間子工場が建設された頃から、東京大学グループを中心とした日本の大きな貢献があります。ミュオンを物性研究に用いるミュオンスピン回転・緩和法における様々な手法の開発、また、高エネルギー加速器研究機構(KEK)における世界初のパルスミュオン施設の建設等です。我々は、レプトンであるミュオンとパイオン等のメソンを含めて「中間子」と呼び、中間子科学連絡会を組織し、物理、化学、生物、材料分野における多数の研究者が協力して、中間子科学の研究を世界で主導権をもって発展させてきました。

 現在、高エネルギー加速器研究機構と日本原子力研究開発機構が協力して、原子力機構東海研究開発センター敷地内に大強度陽子加速器を作り、生命、物質、素粒子・原子核などの研究を行うJ-PARC建設が進行中です。J-PARC物質・生命実験施設では、パルスミュオン施設およびパルス中性子施設の建設が進んでいます。完成時には、そのミュオンビ−ム強度は現在のKEKミュオン施設のものより3桁増大し、世界最強のミュオン研究施設が日本に出来上がることになります。日本の中間子科学研究者が世界最高のミュオン施設を持ちたいとの夢が、あと2,3年で実現しつつあります。「中間子」を用いた研究は、現在、KEKのみでなく理化学研究所でも行われており、また、大阪大学では大強度ミュオンビーム計画をたてています。このような事情を考えて、中間子科学連絡会は、大学共同利用機関であるKEK中間子科学研究施設利用を中心に活動を行ってきた組織から、日本全体の中間子科学研究発展のための組織とするため、会則を変更し、改組し、日本中間子科学会(Society of Muon and Meson Science of Japan)と改名いたしました。これからも、今までどおり、協力してくださるようにお願いします。中間子科学の発展のために、新しく多くの方が入会してくださることを期待しております。

 平成18年12月6日

         日本中間子科学会  初代会長  西田信彦